Page-1/2
第31回与五沢矯正研究会
   動的治療終了後の晩期成長により偏位咬合となり,再治療を行なった症例(松田)
Back    Return     Next
01.jpg